治療実績を知る

看護師

継続することが大事

いぼの治療の方法のひとつとして切除が挙げられます。切除の方法としてはレーザーが主流です。いぼに対して直接レーザーを照射することで切除することができます。いぼの種類によって適しているレーザーは異なります。医師の診察により決まります。なお、費用については大きさにより変わります。大きいものであるほど料金は高くなります。そのため、どんどん大きくなるようないぼであれば早めに治療を受けることがポイントであると言えます。また、レーザー照射をする個数が多いほど料金も高くなります。また、一回の治療でレーザー照射できる数は限られています。そのため、治療する個数によっては複数回の通院が必要なこともあります。レーザーを使用するのは医師であることから、治療実績の豊富な医師が治療を行う医療機関を選ぶことがポイントです。特にウイルス性のものであればレーザー照射により全てのウイルスを取り除くことができなければ再発の可能性があります。確実な治療効果を得るためにも治療実績の確認は重要です。いぼの切除においては医師がレーザーを使用して切除しますが、その後のケアが重要となります。レーザーを使用して切除した部位は非常に敏感な状態です。適切なケアを継続して行わないと跡として残る可能性があります。治療後のケアのポイントは患部を乾燥させないことです。患部が乾燥すると跡になる可能性が高まります。医療機関ではいぼの治療後には軟膏を処方します。処方された軟膏を患部に塗布してテープ等で保護します。これを一定期間繰り返して傷跡の回復を待ちます。なお、軟膏を使用してテープで患部を保護することができれば治療した日からシャワーを使用しても問題はありません。ただ、患部に刺激が加わらないようにすることが大事です。日常生活においては紫外線などを浴びると色素沈着を起こす可能性が高まるので、日焼け止めを使用して患部を守ることがポイントです。晴れた日差しの強い日はもちろんですが、くもりの日も油断せずにケアすることが大事です。これを継続することが跡を残さないためのポイントです。

Copyright© 2018 気になるいぼは切除が可能!早めに病院の門をくぐるべき All Rights Reserved.