原因や症状の把握を

女性

リスクを踏まえた選択

皮膚病の一種であるいぼにはその症状や原因によって様々な種類に分けられます。いぼの切除には何通りかの方法があり、例えば液体窒素を使ったものがあります。患部を液体窒素で低温やけどさせることによって原因となった細胞を死滅します。この手術の良いところは治療が簡単に行えるという点です。顔にメスを入れるようなことがないのでそれほどたくさんの出血もありません。他にも炭酸ガスレーザーを使った方法も存在します。患部に炭酸ガスレーザーを照射することによっていぼの消滅を促すというしくみです。炭酸ガスレーザーのメリットは液体窒素を使った方法と同じように、治療を簡単に済ませることができるということでしょう。ただし一度きりの処置で完全に切除ができることはほとんどないので使い方に注意しなくてはなりません。もちろんメスを使った外科的な方法もあります。当然顔にメスを入れるだけあってそれなりのリスクはあるので術後のケアにも十分配慮しなくてはなりません。このように単にいぼの切除とはいってもその数は一つではありません。大切なのはこの中から自分に必要な処置を探すということです。いぼに関して日頃から気をつけておきたいこと、治療にあたっての注意点がいくつかあります。そもそもウイルス由来のいぼは傷口などから感染して出来たものです。普段から手や足に傷を作りやすい仕事や活動している人は特に注意が必要です。また水分などで皮膚がふやけることが多い環境にいる人も気を付けないといけません。もし万が一いぼらしきものが出来た場合はなるべく触らないようにしましょう。治療において注意したいこともあります。それは「それぞれの切除方法のリスクを理解しておく」ことです。例えば代表的なものが液体窒素で低温やけどを起こす方法です。処置自体は簡単で気軽に行いやすいものですが術中の痛みや術後の腫れなどはあります。また、一度きりの治療では間に合わないことも知っておかなければいけません。炭酸ガスレーザーを使った手術やメスを使った外科的な方法においても同じようなことが言えます。また費用についてもしっかりと把握しておきましょう。保険が使えるものとそうでないものを知っておくと計画も立てやすくなるはずです。いぼの切除にはこのようにたくさんの留意すべきことがあります。気軽にできるとは言え、処置に臨む姿勢はそれなりに必要なのです。

Copyright© 2018 気になるいぼは切除が可能!早めに病院の門をくぐるべき All Rights Reserved.